超簡単トレード!!レンジ相場は負けるまで挑戦し続けるべき!?【AUD/USD(オージードル)2020.07.14】

【トレード動画解説】
ツバキ
ツバキ

どうも、ツバキです。

今回もYouTubeにアップしたトレード動画の解説をしていきます♪

超簡単トレード!!レンジ相場は負けるまで挑戦し続ける!?【副業 FX】


今回はまず1時間足を見てもらいます。

こんな感じに水平線を引くと、綺麗なレンジ状態になっていりのがわかりますよね。

お昼頃にチャート見たときに、ちょうどレンジの下限にレートが差し掛かっていたので、タイミングを見計らってエントリーしました。

エントリーは15分足で入りました。

画像にも記載している通り、ロウソク足が21MAの中に入ってきて、

更にロウソク足が21MAで反発してことを確認してからエントリーしました。

の中の陰線のピンバーが2本続けて出たところでエントリー♪

一旦は下落したんですけど、やはりレンジ下限のラインで反発!!

ギリギリ損切りには当たりませんでした(^_^;)

そこからは順調に上昇し、

NY時間が始まる前ぐらいに上昇の流れが崩れてきました。

5分足では崩れてきたんですが、

15分足で見ると・・・

ちょうど200MA付近にレートがあったので、この反発を期待して決済見送り。

その後は、21MAを越えられずに包み足が確定したので決済しました。

決済したあとのチャートを見てみましょう。

やはり一旦下落しましたが、その後はしっかりレンジ上限まで達しました。

僕はあまりポジションを持ち越さないんですが、『レンジ上限まで行く』と思ってエントリーしたので、持ち越してもよかったですねwww

まぁ、ポジション持ってると寝つき悪いんで仕方ないです( ̄▽ ̄)

そして、

更に上昇して、レジスタンスラインとして機能していたラインはサポートラインに切り替わりました。

本当にチャートって面白いですよね・・・(*’▽’)



こんな感じで上位足にて、綺麗なレンジ帯を見つけたら迷わずエントリーです!!

綺麗なレンジ】は誰が見ても上限と下限が見極めやすく、多くの人に意識されるので、サポートラインやレジスタンスラインが機能しやすいんですよね♪

いずれどこかで抜けたときに負けるかもしれませんが、

損切り位置も決めやすいし、しっかり資金管理していれば大きな痛手にはなりません!!

迷わず挑戦しつ続けましょう!!




ツバキ
ツバキ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました