日足で引いた水平線は鉄壁の守り!?【GBP/JPY(ポンド円)2020.06.09】

【トレード動画解説】
ツバキ
ツバキ

どうも、ツバキです。

今回もYouTubeにアップしたトレード動画の解説をしていきます♪

日足で引いた水平線は鉄壁の守り!?【副業 FX】

まずは、日足から見ていきます。

日足でレンジ状態で少しもみ合ってから下落した場所(下落の起点)があったので、そこに水平線を引きました。

現在のレートが、その水平線付近にあったので、タイムフレームを落としてエントリーポイントを探しにいきます。

5分足で、最安値を作った戻り高値の部分に水平線を引きました。

この戻り高値をロウソク足実体でしっかり抜けていたので、ダウ理論的には上目線。



ロングでエントリーしていくことに決めました。

ただし、

その上には日足で引いた水平線。

この水平線を抜けてからエントリーでもよかったのですが、

ツバキ
ツバキ

日足のラインなんて突き破っちゃえ!!

・・・的な感じのノリでした( ̄▽ ̄)

一旦戻しが入っている途中に包み足がでたので、ここでロングエントリー!!

エントリー後は少し下落してきましたが、

上図のように、15分足で見ると21MAに沿ってレートが動いていたので、

21MAをロウソク足実体で抜けたら損切り

と決めていましたが、21MAに当たって再度上昇していきました。

その後、

こんな感じで、日足の水平線で鉄壁の守りを見せつけられました(^_^;)

やはり、日足で引いた水平線が機能すると強いですね。

正直、甘くみてましたね・・・。

夜も遅い時間だったので、なんとか利益出てる状態で決済しました。

あまり良いトレードではなかったです・・・。


今回の教訓。

日足で引いた、機能する水平線はヤバい!!


まぁ、今回は、

機能する水平線がしっかり引けていた

ということで納得しますwww

その他にも、21MAの流れで損切りを設定しようとしたことも間違いではなかったので、かなり収穫はありました♪

FXを始めたころは、チャート見ても何が何だかサッパリわかりませんでしたが、毎日見続けたら、多少相場の流れが見えてくるようになりました。

やはり、

人が動かしているってことは、多少の規則性みたいなものがあります♪

チャートの見方がわかると、FXが楽しくなりますね!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました